トップ>ふるさと納税とは
      


 ふるさと納税とは? ふるさと納税制度とは 、「納税」という名前ではありますが、寄附金制度のことを指します。
あなたが応援したいと思う自治体=「ふるさと」に寄附をすることで、
その寄附金を使い、「ふるさと」がより良いまちとなっていく仕組みです。

さらに藤井寺市の場合、寄附金をどういったことに使うか、あなたは寄附をする際に指定することができます。
藤井寺市が今後どういったところに力を入れていってほしいか示すことができるようになっているのです。

→ 藤井寺市の寄附金の使い道


そして、寄附をしたあなたには「ふるさと」からお礼の品が送られてきます。
その「ふるさと」の個性が詰まった特産品をお楽しみください。

→ 藤井寺市のお礼の品一覧




 税金の控除について  寄附額のうち2,000円を越える部分について、所得税と住民税から原則として全額が控除されます。

控除を受けるためには、原則として、ふるさと納税を行った翌年に確定申告を行う必要があります。
ただし、平成27年4月1日から、確定申告の不要な給与所得者等は、ふるさと納税先の自治体数が5団体以内である場合に限り、ふるさと納税を行った各自治体に申請することで確定申告が不要になる「ふるさと納税ワンストップ特例制度」が始まりました。

ただし、寄附者の収入・家族構成などの条件により、
控除される税金額には上限があるのでご注意ください。

控除額の目安については、下記リンク先のシミュレータをお使いください。

→ 上限額の目安を計算する 


 ワンストップ特例とは? 確定申告の不要な給与所得者等がふるさと納税を行う場合、

確定申告を行わなくてもふるさと納税の寄附金控除を受けられる仕組み「ふるさと納税ワンストップ特例制度」が創設されました。

特例の申請にはふるさと納税先の自治体数が5団体以内で、ふるさと納税を行う際に各ふるさと納税先の自治体に特例の適用に関する申請書を提出する必要があります。


あなたが寄附をした自治体に、寄附をするたびに


1.ワンストップ特例申請書(寄附金税額控除に係る申告特例申請書)
(=いつ、いくらふるさと納税をしたのか寄附先の自治体に報告する書類です)
と、
2.マイナンバーを含む、本人確認のための書類
(=1の書類に書かれた情報が間違ってないか確認するために必要です)

寄附をした翌年の1月10日までに寄附先の自治体に提出することでこの制度を利用できます。

必要な書類は自治体によって異なるので、よくご確認ください。
藤井寺市の場合は、以下のいずれかのパターンの書類が必要です。 



ワンストップ特例の申請に必要な書類(藤井寺市の場合)   
 1  番号通知カード(顔写真付きのマイナンバーカード)の写し
 ※表・裏の両方のコピーが必要です
 
 2  番号通知カードの写し
(写真の無いマイナンバー通知書のことです)
      
 写真付き身分証明書の写し 1点
(氏名、生年月日または住所表示があるもの)

例:運転免許証、パスポート、身体障がい者手帳 など

もしくは

写真なし身分証明書の写し 2点
(氏名、生年月日または住所表示があるもの)
例:健康保険証、年金手帳 など 
 



 3  住民票(個人番号が記載されているもの
      
 +



また、ふるさと納税をした自治体が6団体以上の場合、この制度は利用できません(=確定申告を行う必要があります)のでご注意ください。


ワンストップ特例の申請書はお礼の品と一緒に送付されますが、Webからダウンロードすることも可能です。

→ ワンストップ特例の申請書のダウンロードはこちら(PDF形式/266KB)

→ 申請書の記入例はこちら(PDF形式/776KB)


書類には押印が必要ですので、寄附先の自治体へは原則郵送、あるいは直接窓口へお持ちください。


また、申請した内容に変更があった場合(引っ越して住所が変わった、結婚などで姓名の変更があったなど)、

寄附をした翌年の1月10日までに、必ず「寄附金税額控除に係る申告特例申請事項変更届出書」を、

寄附先の自治体へ送付
して下さい。

→ 申請事項変更届出書のダウンロードはこちら(PDF形式/242KB) 

→ 変更届出書の記入例はこちら(PDF形式/260KB)









さらに詳しい説明は、下記リンク先をご覧ください。

総務省 ふるさと納税ポータルサイト「よく分かる!ふるさと納税」

藤井寺市ふるさとまちづくり応援寄附(ふるさと納税)とは


      


Copyright 2017 Fujiidera City All Rights Reserve